読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Firebase for Swift3(導入)

前にIonic2のFirebase導入記事(こちら)を書いたので、今度はSwift3の導入記事です

といっても、公式ドキュメントを見た方がいいです
(公式ドキュメント => Firebase)

Firebaseプロジェクトに追加(console)

Firebase Consoleよりプロジェクトを作成します

追加しましたら、console画面でiosアプリにFirebaseを追加を選択します
f:id:NISHI3:20170216124736p:plain

1.Register app

ここで、必要な情報を入れます f:id:NISHI3:20170324134747p:plain

2.Download config file

次にGoogleService-Info.plistをダウンロードして、 Xcode プロジェクトのルートに移動し、すべてのターゲットに追加します

3.Add Firebase SDK

cocoaPodsからFirebaseのライブラリを入れてください。
(cocoaPodsを入れてない人はここでインストールしておきましょう -> CocoaPods.org) 終わったら、 .xcworkspaceを開いておきましょう

4. 初期化コードを追加

あとは、 AppDelegateクラスに初期化コードを入れておきましょう

これで、Firebaseの導入は終了です